こだわりのヒアリングとご提案書

ヒアリングは、お客様に質問をして、制作に必要な情報を収集させていただく工程です。またご提案書は、ご契約前の段階で、サービス内容の詳細をお客様にご確認いただくために用います。
いずれも、制作会社がホームページ制作やそのほかの制作を行う際の、重要な要素になります。

Web制作会社の中には、型にはめたヒアリングをして、提案書では制作物の仕様だけを提示して終わり、というところが多数存在します。
しかし、機械的なヒアリングでは、お客様の会社やお店、商品の価値を的確に把握できません。そのため、制作するホームページの内容がありきたりになり、会社や商品の価値が、その価値を求めるユーザーに届かなくなってしまいます。
また、ホームページは制作して終わりではなく、運営し活用してこそ、顧客獲得や売上といった成果につながります。仕様だけの提案書では的確な活用法が分からず、お客様の目的達成に貢献できません。

ココだべ!仙台は、価値を導き出す的確なヒアリングにより、情報や価値を、求める人に的確に届けるホームページをご提供します。また、制作物の仕様のみならず、目的達成までの道筋を提示するご提案書で、お客様のWebを利用した企業活動をしっかりと成果に結びつけます。

価値を明確にするヒアリング

Point 1 対話形式のヒアリングで価値を言語化

多くの制作会社は、一定の型にはまったヒアリングをして、回答をそのままホームページに掲載しようとします。そのほうが制作の効率が良くなり、より多くの制作案件を受注できるからです。こうした会社のヒアリングは、「ホームページを制作するために必要最低限の項目を埋めること」に終始しがちです。
しかしながら、一問一答の型にはめた質問では、断片的な情報しか導き出せません。会社や商品・サービスの価値を、必要とする人にしっかりと見てもらえるホームページを制作するためには、内容を掘り下げるヒアリングが必要です。

当社は、項目を埋めることではなく、「価値を言語化すること」「価値の構造を可視化すること」を主眼に置いたヒアリングを行います。
残念ながら多くの場合、会社(当事者)が考えている会社や商品・サービスの価値と、ユーザーから見た場合の価値には大きな隔たりがあります。ヒアリングの中でこの隔たりを埋め、ユーザー目線での価値を明確にするために、当社は、質問に加えてご提案をさせていただく対話形式のヒアリングを行います。
お客様に、会社や商品について伺う中で、「貴社が強みだと仰っている●●という点は、ユーザーからはこう見えます」といった形で、仮のユーザー視点をご提示し、双方から価値について検証します。お客様の意に沿わぬことであっても、より内容の充実したホームページを制作するため、遠慮なく申し上げます。
もちろんその場の思いつきで対話するのではなく、これまで多様な業種のお客様に対応してきた経験にもとづいて、事前にユーザー視点から貴社がどう見えるかを検証しておきます。
こうした対話型のヒアリングを繰り返すことで、価値の言語化・価値構造の可視化を推し進め、ユーザーに伝わる価値の見せ方を明確にしていきます。

当社のヒアリングはココが違います

多くの制作会社のヒアリング 当社のヒアリング
特徴 結果 特徴 結果
ヒアリングの主旨 制作作業に必要な情報の確保 ユーザーに価値が伝わらないホームページ ホームページで伝える価値の言語化 ユーザーに価値が伝わるホームページ
事前の準備 なし 内容を掘り下げることができない ユーザー視点の検証 ユーザー視点での価値を追求できる
ヒアリング形式 一問一答式 内容を掘り下げることができない 対話式 ユーザー視点での価値を追求できる

目的達成への道筋を示す提案書

Point 1 成果を出すために必要な情報を共有

提案書は、制作物の仕様を提示するだけでなく、制作物をどのように運営・活用することでどのような成果を得られるかという、未来の指標を示すものです。しかし残念なことに、制作会社の提案書は、制作物の技術的な仕様を専門用語で書き並べただけのものが多いのが実情です。

当社のご提案書では、制作物についてしっかりとご説明するのはもちろんのこと、お客様がホームページで目的・目標を達成するまでの道筋を提示します。単に「こうすると良い」と押し付けるのではなく、ホームページの運営やプロモーション、現実のご商売や活動との連携について、なぜそれらが必要になるのかという背景をご説明し、お客様にしっかりとご確認・ご判断いただきます。お客様に十分にご納得いただいた上でご契約に進むことができ、制作後の目的・目標達成にも貢献できるのが、当社のご提案書のメリットです。

当社のご提案書はココが違います

多くの制作会社の提案書 当社のご提案書
特徴 結果 特徴 結果
提案書の主旨 技術的な仕様の提示 ホームページの活用法が分からず、成果に結びつかない 目的達成までの道筋の提示 ホームページを活用して成果につなげられる
提案書の形式 常に同一形式 重要なポイントが分かりづらく、理解に努力を要する 業種・業態やご依頼内容に応じて分かりやすくご提案 重要なポイントを明確に把握できる
記述形式 専門用語を多用 PCやWebに詳しくないと理解しづらい なるべく専門用語を用いず、丁寧にご説明。いつでもご相談対応 誰でも簡単に理解できる
提案内容 ホームページの内容のみ ホームページがどう役立つのか分からない ホームページの集客の仕組みをご説明 ホームページがどう役立つのかを把握できる
提案のクオリティ 制作専門の会社がほとんどで、期待できない 役立つ事柄を提案されることはない 元々コンサルティングをメインに行っていたため、提案の質が高い 実際に役立つ事柄を提案される
役割分担についての説明 お客様と制作側の役割分担が不明瞭 制作途上で急遽お客様の手間が発生し、負担になる お客様と制作側の役割分担を明確化 あらかじめやるべきことが明確になっているため、あとから負担が発生しない
ユーザーや競合他社についての検証 ほとんど行わない ありきたりな内容のホームページになる 独自の調査を行い、その結果をもとにご提案する 独自性を明確にしたホームページができる
見積もり内容 詳細を提示しない どのような点・どのような理由で費用が発生しているのかが分からない 見積もり内容に納得した上で契約できる
  • お電話でのお問い合わせはこちら TEL 022-397-8037 受付時間 10:00~18:00(土・日・祝日を除く)
  • お見積もりはこちら

※お電話でのお問い合わせの際は「ココだべ!仙台」を見たとお伝えください。

このページの上部へ