お役立ちノウハウ&用語集

ホームページは誰でも作れる!

ホームページはプロでないと作れないと思っていませんか?実は、簡単な知識があれば、ホームページは自分の力で作り上げることが可能です。

ホームページ作りに必要となるタグ

ホームページはHTML言語のタグを使って構成されています。タグの数は全体量から見ればそれなりの数がありますが、よく使われるタグはそれほど多くありません。基本となるタグ、よく使うタグには次のようなものがあります。

基本構造となるタグ

htmlタグ
HTMLを使っているということをブラウザに認識させるためのタグです。ページの最初と最後に使います。

headタグ
ヘッダー情報といわれるものを記入するタグです。最初はtitleタグを入れるものと考えて構いません。

titleタグ
タグ内に記入されたものが、ブラウザや検索結果のタイトルとして表示されます。headタグの中で使います。

bodyタグ
このタグ内に書かれた内容がブラウザに表示されます。

基本構造

どのページも基本構造は以下のようになります。
(「<」「>」を全角で記入していますが、実際にメモ帳などに書き込む場合は半角です。)

<html>
<head>
<title>ホームページやページの名前</title>
</head>
<body>
ページ内容
</body>
</html>
 

よく使用する基本的なタグ

a hrefタグ
他のページへリンクさせたいときに使うタグです。

imgタグ
画像を貼り付けるときに使うタグです。

brタグ
文章の改行に使うタグです。

これらのタグを、最初からパソコンに入っている「メモ帳」のようなテキストエディタで記述し、html形式で保存します。その後、そのファイルをプロバイダやWEBサービス会社などが提供している、ホームページのスペースへアップロードすれば、ホームページの完成です。

プロに任せる理由

個人でも作れるホームページを、なぜ制作会社に頼むのでしょうか?
それは、見た目や作りの問題があるからです。
簡易的なホームページであれば、上で紹介した基本的な作り方で構いませんが、あまりクオリティの高いページにならないもの。細かいデザインや見栄えを追及すると、レイアウトをスタイルシート(CSS)というもので指定したり、違う言語が必要になったりと、ホームページの作りが複雑になってきます。
また、ページ数が増えれば必然的に時間もかかります。そうなると自分自身でホームページを作るより、やはりプロに頼んだほうが効率的。ホームページを作る前には、求めるホームページのクオリティとそれにかかる時間、頼んだときにかかる費用などを考えた上で、自分で作るか、制作会社に頼むかを決めましょう。

このページの上部へ