お役立ちノウハウ&用語集

アクセス解析を行う

ホームページにどれくらいのアクセスがあったか、ユーザーがどういったキーワードで訪れているのかを教えてくれるのがアクセス解析です。これを行うことで、ホームページの実情や特徴が分かり、それを基にした対策とその効果測定をすることができます。逆にいえば、アクセス解析を行わないと闇雲な施策を立てることしかできず、その効果測定もできません。

例えば、あるイベントを行ったときに、思ったよりも売り上げが伸びなかったとします。その時にアクセス解析を見て、普段よりもアクセス数が増えていれば、「集客には効果があったが、何らかの原因によって売り上げが伸び悩んだ」ということが考えられます。ここで原因(説明文、価格設定、申し込みフォームetc…)を突き止めて改善することができれば、次に同様のイベントを行った際に大きな結果を得られるかもしれません。
同様のケースで、アクセス解析をしていないと、集客に効果があったことがわからないため、本来素晴らしいイベントだったかもしれないのに、「今回のイベントは失敗だった」となってしまうでしょう。また、違うイベントを開催したときに、失敗につながる真の原因が改善されていないため、同じようなミスを繰り返してしまう恐れもあります。

ホームページを改善するチャンスを逃さず、効果を最大限に発揮させるためにも、アクセス解析はホームページ完成後から継続的に行いましょう。

このページの上部へ