お役立ちノウハウ&用語集

ネットショップの基礎知識

ネットショップのメリット・デメリット

メリット

実際の店舗を開店するには、土地代や店舗代などかなりの費用が発生します。それに比べてネットショップの場合は、開店・運営にかかる費用を格段に安く済ませることができます。また、「立地による不利がない」「24時間営業できる」というメリットもあるため、地方から日本中や世界中を相手にしたショップを運営することも不可能なことではありません。

デメリット

店頭での直接販売ではないため、代金の回収でトラブルが発生することもあります。また、ショップを運営していく中で、商品リストの更新や注文、問い合わせの確認などの作業にパソコンを欠かすことはできません。パソコンやWebについてある程度の知識がない方にとっては敷居が高い部分があります。

ネットショップの出店形式

ネットショップの出店方法は大きく分けて「独立型」と「モール型」の2つがあります。独立型は、自分でホームページを持って開業する方法で、デザインや販売する商品の自由度が高いことがメリット。その一方で、Webに関する知識が必要とされます。モール型は、楽天市場やYahoo!ショッピングといったショッピングモールの中に開店する方法。出店や店舗運営についてのサポート体制が整っているため、Webに詳しくない方でも出店することができますが、デザインに自由度がないため、他社との差別化を図りにくいといったデメリットもあります。

ネットショップ開業に必要なもの

モール型で開店する場合は、ショップ開設に必要となるものが用意されていることが多いですが、独立型の場合は、下記のものが最低限必要となってきます。

  • ・独自ドメイン
  • ・レンタルサーバ
  • ・ショッピングカート
  • ・決済システム

運営の際に必要となる届け出

ネットショップを運営するに当たっては、さまざまな届け出が必要。個人事業主の場合は、「個人事業開業届出書」「個人事業開始申告書」「給与支払事務所等の開設届出書」などを、所定の場所へ届け出る必要があります。副業の場合が、年に1回の確定申告を行う必要があります。届け出が不十分の場合は、法令違反になる可能性もあるので注意しましょう。

このページの上部へ