お役立ちノウハウ&用語集

売れるネットショップのポイント

成功しているネットショップはただ闇雲に運営しているだけでなく、何らかの特徴があるものです。ここでは、売れるネットショップを作るためのポイントを紹介します。

アクセスを集めることができる

どんなに素晴らしい商材を扱っていたとしても、ショップを訪れるユーザーがいなければ売り上げは伸びません。アクセスを集めるために、集客に役立つコンテンツを用意することやSEO対策やリスティング広告などの施策を行うことが大切です。

扱っている商品に独自性がある

どこにでも売られている商品を扱うよりは、できれば「ここにしかない」といったような、ほかと差別化できる商品やニッチな商品を取り扱いたいものです。そうしたほうが、特定のユーザー層を呼び込むことができ、売り上げを伸ばせる可能性が高くなります。決して、多くの店が取り扱っている商品を扱うのが悪いわけではありません。しかし、それだけライバルが多くなるため、ネットショップとしてある程度の規模や知名度・実績がないと、ユーザーの購買意欲をひきつけることは難しいでしょう。

商品を魅力的に紹介する

実際の店舗であれば、パッケージなどからその商品の特徴や仕様を知ることができますが、ネットショップの場合は、それができません。商品ページには、写真やユーザーが必要とする商品情報以外にも、キャッチコピーや説明文で商品そのものの良さをアピールし、ユーザーに強く関心をもってもらえるようにしましょう。

ターゲット選定をしっかり行っている

販売する商品とも関わってきますが、ショップの独自性を出すためにも購入者の「年齢層」「性別」「嗜好」といったターゲットの選定は欠かせません。また、それに応じたショップのつくりも必要となってきます。

他店と比べて価格が安い

実際の店舗の場合は、直接足を運ばなければ値段の比較をしにくい部分がありますが、ネットショップは商品価格の比較が簡単にできます。それだけにちょっとした価格の違いによる影響が大きく、1円でも安ければそれだけで商品を買うユーザーもいます。価格で勝負する経営スタイルの場合は、商品価格の設定には特に気を使いましょう。

ユーザーへ誠実な対応をしている

ユーザーの顔が見えないネットショップであっても、適切な対応が重要なことは実際の店舗と変わりません。問い合わせに関する誠実な対応や、注文後の迅速な対応はユーザーからの信頼獲得に繋がります。逆に不誠実な対応は、クレームの原因になるだけでなく、ネット上で悪評が広まってしまうことにもなりかねないので気をつけましょう。

リピーターを確保できている

安定した売り上げを実現するためには、新規顧客の獲得はもちろん、リピーターの確保も欠かせません。ショップ利用者に定期的にメルマガを送り、セールや優待情報を提供するなどして、関心を引き続けるといった工夫が必要です。そういった工夫の1つとして、中には商品割引に使えるポイントを発行しているショップもあります。

デザインが整っている

あまりにも見た目が稚拙な場合、ユーザーの信頼を得られにくい場合があります。また、単純な見た目だけでなく、ユーザーが探している情報がすぐに見つけられるような「見やすさ」や「使いやすさ」についても考えたデザインが必要です。

改善を繰りかえす

売り上げた商品やアクセス解析を基に、より売り上げを伸ばすための改善策を練り、実行します。また、それについての効果検証も行い、その結果から新たな施策を考案。この流れを繰り返すことにより、徐々にショップの力が向上していきます。

このページの上部へ