お役立ちノウハウ&用語集

WEB標準に準拠する

ホームページの作り方を示す、WEB標準

WEBの技術の標準化を進めている団体であるW3Cは、WEB標準として、ホームページの文書と視覚要素(レイアウトやフォントの大きさ、色など)をそれぞれ(X)HTMLとCSSを使って分離することを推奨しています。
また、文書は<h1>~<h6>タグを使って見出し付けを行い、論理構造化することが求められています。論理構造化された文書は、検索エンジンにとって理解しやすい文書になるため、ホームページのキーワードやテーマがより正しく検索エンジンに理解されるようになります。もし今お持ちのホームページがWEB標準に従っていないのであれば、改善することを考えましょう。

このページの上部へ