お役立ちノウハウ&用語集

SEOに適したライティングを行う

キーワードを効果的に入れる

ライティングを工夫して、検索対象としたいキーワードのテキスト内比率を上げることで、検索エンジンに対して専門性のあるページという認識を与えることができます。
テキストの中でも重視する箇所が「アンカーテキスト」と呼ばれる部分です。リンクが設定されている部分に書かれた文字のことで、キーワードとリンク先の内容が一致していることで、その部分のキーワードは検索エンジンから高く評価されます。
例えば、このコンテンツと同じ名前の「はじめてのSEO講座」という本を自分のホームページで売っているとしましょう。このとき、商品説明ページのリンク部分に、“商品詳細”や”詳しくはこちら”と書くのはSEOの面から見て非常にもったいないことです。
この部分を、”「はじめてのSEO講座」の詳細”とすることで、この本を探しているユーザーが検索するであろう「はじめてのSEO講座」というキーワード比率を上げることができます。
この方法は、商品紹介以外にも有効ですのでライティングの際は意識してみてください。

キーワードの入れすぎは逆効果

SEO上、キーワードの入れ方を考えてライティングすることは大切です。しかし、それに固執しすぎると、ユーザーにとって非常に読みにくい文章になってしまうことがあります。また、キーワードを過剰に入れた場合、検索エンジンからスパム行為と見なされる恐れもありますので気を付けましょう

このページの上部へ