お役立ちノウハウ&用語集

やってはいけないスパム行為

スパム行為とは?

スパムとは迷惑や、卑怯を意味する言葉です。不正な方法で検索結果を上昇させようとすると、検索エンジンからスパム行為とみなされ、検索結果から除外されてしまうことがあります。SEO対策を行う前に、一度各検索エンジンのガイドラインに目を通して置きましょう。

数あるSEOスパム行為の一例

以下の行為を行うと、ほとんどの検索エンジンでスパム行為と認定されます。

  • ・背景色と同じ文字でキーワードを入れる
  • ・極めて小さい文字でキーワードを入れる
  • ・CSSを利用して隠しテキストを作る
  • ・まったく同じ内容のサイトをいくつも運営する
  • ・検索ロボットのみに読ませることを対象としたページの作成(クローキング)
  • ・無意味なページの大量作成
  • ・metaタグやJavaScript、クローキングを使用したリダイレクト
  • ・隠しリンクやリンクファームの生成

スパム行為について参考となるページ

検索エンジンそれぞれのガイドラインにおいて、スパム行為とみなされる行為について言及しています。
どんな行為が禁じられているのか、一度目を通しておくのも良いでしょう。

このページの上部へ