お役立ちノウハウ&用語集

文章の書き方を工夫する

1ページずつ順番にめくって読む本と違い、ホームページに書かれている文章に読まれる順番はありません。ユーザーは文章の一番最初から読むとは限らず、自分の興味のあるところや目に付いたところから読み始めます。そのため、紙媒体とホームページでは文章の書き方が違ってくることを覚えておきましょう。

ユーザーに伝わるライティングを行うためのポイント

見出しでユーザーの関心を引く

見出しは、サービスや商品紹介ページでは特に力を入れたい部分です。ユーザーの目を引く文章やキャッチコピーを入れましょう。ここでユーザーの関心を掴むことができないと、その後の文章が読まれないこともあります。

アピールポイントを最初に持ってくる

見出しでユーザーの関心を引くことができても、前置きが長く、なかなか本題に入らないとユーザーが読むのを止めてしまう場合があります。文章の冒頭には、商品・サービスの特徴やメリットといった、ユーザーが必要としている情報を持ってくるように心がけましょう。

簡潔で分かりやすい表現を使う

伝えたい情報は、読み手に分かりやすい形で文中に入れることが大切です。回りくどい表現や、ユーザーに考えさせるような表現は使わないようにしましょう。伝えたい情報がうまく伝わらないだけでなく、間違った伝わり方をする恐れもあります。

適度な改行を入れる

ページの内容によっては、文章がかなり長くなる場合が出てきます。そんなときは、3行に1度行間を空けるといったように、改行を適度に使い、ユーザーが読みやすい文章になるよう心がけましょう。

このページの上部へ