お役立ちノウハウ&用語集

用語集 - U~Z -

URL

Uniform Resource Locatorの略でユーアールエルと読みます。インターネット上の住所といえるもので、情報の種類やサーバ名、ファイル名などで構成されます。

USB

Universal Serial Busの略で、ユーエスビーと読みます。パソコンと周辺機器を結ぶ、もっとも一般的なインターフェースです。最近では、従来のUSB2.0をさらに高速させたUSB3.0の開発も進んでいます。

W3C

World Wide Web Consortiumの略で、読み方はダブリュースリーシー。企業や大学・個人などが集まり、1994年10月に発足したWWWで利用される技術の標準化をすすめる団体です。

Web2.0

ウェブにーてんぜろと読みます。次世代のWebを漠然と総称し、2004年頃から登場し始めた言葉です。それまでの提供側による一方通行型のWebサービスと違い、wikiやブログなどユーザーが参加するスタイルがWeb2.0の特徴とされています。

Webデザイナー

ホームページ制作に携わるデザイナーのこと。専門的な知識・技術を駆使して、ユーザーの関心を惹く魅力あふれるデザインを作り上げる職業です。アジタスにはレベルの高いWebデザイナーが在籍しています。

Web標準

W3Cがすすめている、WWW関連の規格のことをいいます。Web標準を意識したホームページ制作はSEOやアクセシビリティ、メンテナンス性の向上につながります。アジタスでもホームページ制作時にはWeb標準に沿って制作を行っています。

WWW

World Wide Webの略で、読み方はワールドワイドウェブ。インターネットで標準的に使われているドキュメントシステムです。世界的に普及しており、W3Cが技術の標準化をすすめています。

XHTML

Extensible HyperText Markup Languageの略で、エックスエイチティーエムエルと読みます。HTMLをXMLの文法で定義し直した言語。W3Cによって使用を勧告されているものの一つです。

XML

Extensible Markup Languageの略で、エックスエムエルと読みます。文書やデータの意味や構造を記述するマークアップ言語の一つ。W3Cによって勧告されており、広く普及しています。

XOOPS

eXtensible Object Oriented Portal Systemの略で、ズープスと読みます。CMSの一つで、画像やテキストなどのコンテンツを用意するだけでWebサイトを作ることができます。モジュールと呼ばれるプログラムを組み込むことで、さまざまな機能を追加できます。 

Yahoo!

ヤフーと読みます。世界中で最も有名なポータルサイトの一つ。検索エンジンのシェアは世界的に見るとGoogleの次ですが、日本国内ではGoogleを押さえてトップとなっています。

このページの上部へ